読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

券売機で購入出来ます。

券売機が好きな私が券売機の話とそれ以外の話をするブログです。

私の就職活動

こんにちは。
修士課程のおぱんだです。
4月から働きます。
働くので、就職活動についてちょっとまとめました。

私がどんなやつで、どういう基準でどこを受けてどう思ったか、っていう話です。
あんまり中身は無いです。

1. 経歴とか
2. 興味の方向性
3. 受けたとこ
4. 感想とか
5. アドバイス

続きを読む

今年観なかった映画10

今年観た映画トップ10を挙げるほど映画を観られなかったので
観なかった映画を10作品挙げます。
順番は意味ないです。

1. アナと雪の女王

観てない理由: 宗教上の理由でディスニー映画は観られない
やはり2014年といえばこれですね。
本当に観てないのかっていうくらいストーリー/キャラクター/楽曲のこともわかるし。
紅白歌合戦がこんなに乗っかる映画は後にも先にもないでしょう。
同じ理由でベイマックスも観てないしたぶん観ません。
改宗したら観ます。

2. ウルフ・オブ・ウォールストリート

観てない理由: 気づいたら終わってた
これ面白いらしいですね。
私のファンで映画ファンでもあるロロちゃんもベスト2位に挙げてたし。


たぶん観たら意味がわかるんでしょう……

3. クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

観てない理由: 同じ時期にコナン観た
だいたい月に1回くらいしか映画館に行かなかったので
そのときに別のを観ちゃうと見逃しがちになっちゃいますね。
これ上映中も評判よかったしメディア芸術祭で賞取ってましたよね。
テレビでやるのかな? もうやっちゃったかな?
クレヨンしんちゃんの映画だったらオトナ帝国とヘンダーランドが好きです。

4. インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

観てない理由: 時間がなかった
このとき就職が決まらなくてちょっと焦ってて観られませんでした。
コーエン兄弟好きだしボブディランらへんの音楽も好きだしたぶん気に入ると思う。

5. チョコレートドーナツ

観てない理由: いつも行く映画館でやってなかった
これ2014年公開でいいんですよね?
どこかで広告を見てあっこれ観よって思ったんですけど
その後いつもの映画館でやってなくてすっかり忘れてました。
京都だと京都シネマとかでやってたんですね。
ゲイのやつだしボブディランの曲使ってるし観たかった……
DVD借ります。

6. LUCY

観てない理由: つまんないんじゃないかっていう疑いが晴れなかった
他の映画観るときに予告によく出てたし気にはなったけど
こういう変な設定モノってだいたい設定を上手く活かしきれなくて
つまんなくなっちゃうんだよなっていうアレで
結局観ないまま終わりました。
ツッコミどころは多いもののわりと面白い みたいな評価っぽいし
覚えてたら観ます。

7. her/世界でひとつの彼女

観てない理由: どういう映画なのかわからなくてそこまで興味が湧かなかった
タイトルだけだとどんな映画かわかんなくないですか?
観てないから結局どんな映画かわかってないんですけど。
でも観たお友達はみんなよかったって言ってた気がするし
監督はマルコヴィッチの穴の人だしきっと面白いんでしょう。

8. LIFE!

観てない理由: 特に無い
観てない理由考えるのしんどくなってきた。
思ってた感じと違ってがっかり! みたいなことを誰かが言ってたからかな……
旅モノとも言い切れない感じなのか? 何の映画なんだろ。

9. アデル、ブルーは熱い色

観てない理由: なんか重そうだなって思った
今調べてもセックスシーンのことしか出てこないしどんな話なのかわからない……
セックスシーンがすごいって言われたら映画館に観に行こっとは思わないかな。
お家で観たいな。

10. ゴーン・ガール

観てない理由: この間映画館行ったときはまだやってなかった
これまだやってるしみんな面白いって言ってるし観ます。
デヴィット・フィンチャーはセブンとファイト・クラブしか観てないしよくわかりません。



じゃあ何観たんだよって言われそうなので観た映画ベストも無理やり作りました。
1. ゆるゆり なちゅやちゅみ!
2. インターステラー
3. 思い出のマーニー
4. グランド・ブダペスト・ホテル
5. ジャージー・ボーイズ
ですかね……

アニメ、サスペンス、宇宙、人生振り返りモノをよく観ます。
ロボットとかヒーロー的なのが戦うやつはあんまり観ません。


来年は映画館とツタヤの近くに住んで200本観たいです。

Winter Wonderlandに出てくるParson Brownってなんなの

Winter Wonderland(ウィンター・ワンダーランド)っていう曲の中の、
Parson Brownって人が出てくる部分の意味がよくわからないよ
っていう話です。


わからなさ順に章分けしたのでわからないところから見てください。

  1. Winter Wonderlandってどんな曲だっけ
  2. Parson Brownが出てくる部分ってどこ
  3. Parson Brownって誰
  4. なんで雪だるまが牧師になったの
  5. なんで仕事が出来るって確信があるの
  6. まとめ
続きを読む

「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を私が書くとしたら

ぱんつ先輩に影響されました。
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を僕が書くとしたら - アレ待チろまねすく
ニュースの科学記事の書き方はどう考えても奇妙だし俺のほうが上手く書けるぜ!っていうムーブメントです。
私の専門は有機金属化学なので卵子とか全然わからないんですが、いちおう書いてみました。

元の記事はこちら。
卵子の染色体の特定の物質外れると流産に NHKニュース
記事が消えてたらぱんつさんの記事に全文引用されてるのでそっちを見てください。

発表元のプレスリリース
正常な胎盤及び胚の発育に必須の卵子 X 染色体の活動を維持する仕組みを解明:国立成育医療研究センター研(pdfです)

んで私が書いてみた記事です。

卵子の染色体の特定の「しるし」外れると流産に
哺乳類の卵子の染色体にある特定の「しるし」が、受精卵の正常な生育に必要であることを、国立成育医療研究センターの阿久津英憲部長らのグループが明らかにしました。
グループでは、女性の不妊症や原因不明の流産の解明につながる可能性があるとしています。


哺乳類の卵子には1本のX染色体があり、そこにX染色体を持つ精子が受精すると雌の、Y染色体を持つ精子が受精すると雄の受精卵となります。このとき、雌の受精卵では精子のX染色体だけが働かなくなることで正常に発生します。
研究グループはマウスの卵子のX染色体に含まれている「ヒストン」と呼ばれるタンパク質に、精子のX染色体にはない化学的な修飾、「しるし」があることを発見しました。この「しるし」を外すと卵子のX染色体も一緒に働かなくなり、受精卵が正常に育たないということです。
同じような仕組みはヒトにもあるということで、研究を行った阿久津部長は、流産を繰り返す原因となっている可能性もあるとして、研究を進めることで治療法や予防法につなげていきたいと話しています。(450字)

ニュース原稿だっていうことを考えると難しいですね……
元記事は「メチル基」が不思議な物質みたいな扱いになってますが、大事なのはメチル基じゃなくて、ヒストンに変なのがついてるっていうことなのでメチル基の話は省きました。

NHKニュースってどのくらいの知識の人を対象にしてるんでしょうか……?
卵子」とか「X染色体」は当然知ってるものと扱いつつ「メチル基」は不思議な物質扱いなのは
かなり不思議です。

おまけに、大学教養レベル(?)の生物の知識がある人向けだったらこんな感じかな、
っていうのも書きました。
染色体はヒストンにDNAが巻き付いた構造をしてることとか、「遺伝子発現」とかがわかってる人向けです。

受精卵で父親由来のX染色体のみが不活性化される機構を解明
受精卵に存在しているX染色体不活性化機構が父親由来のX染色体のみに働く仕組みを、国立成育医療研究センターの阿久津英憲部長らのグループが明らかにしました。
哺乳類の雌では、2本あるX染色体の片方を、Xist(イグジスト)という遺伝子が中心となって不活性化することで、雄との間で遺伝子の発現量を揃えています。
受精卵にはXistを活性化する因子が存在していて、精子由来のX染色体を不活性化しますが、この因子から卵子由来のX染色体を守る仕組みはわかっていませんでした。
研究グループは、卵子のX染色体に特異的に存在しているヒストン修飾が、Xistの発現を抑制していることをマウスによる実験で明らかにしました。
受精卵でこのヒストン修飾を解除すると卵子由来のX染色体も不活性化され、受精卵が正常に育たなくなったということです。
このグループでは、ゲノムレベルでの異常を伴わない後発性の発生異常の原因となっている可能性もあるとしています。(414字)

ど、どうでしょう……
普段はルテニウムのことを考えてるのでよくわかりません><



追記
ほんとうにムーブメントになってきました。
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を自分が書くとしたら薬作り職人のブログ
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事をプレスリリースだけをみて書いてみる。 - 趣味:科学
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を私が書くとしたら - doubutsutokuronの日記

みなさんも書きましょう。

飲料におけるダサピンク現象と、ダサ人工甘味料問題

前の記事の続きです。
「ダサピンク現象」がやっと理解できたからまだ理解できてない人に教えてあげるね - 券売機で購入出来ます。

私は飲み物が大好きなので、
ダサピンク現象って私の好きなドリンク業界にもあるのかを考えた上で
このブログで前に取り上げた人工甘味料問題
ダサピンクと通じるところがあるんじゃないかって考えました、っていう記事です。
女性向け飲料って大抵人工甘味料入ってないか、思ったのがきっかけです。


面倒なのでこの記事では「ダサピンク」を、
女性向け→ピンク
っていう語源通りの意味で使います。
その後で、ユーザーの気持ちを無視してる、っていう意味での「ダサピンク」として
「ダサ人工甘味料」を考えます。

飲み物のパッケージって材料が優先されてるから
あんまりダサピンク問題は起こってないかな。
緑茶は緑でコーヒーは黒か茶色、レモン飲料は黄色と緑、みたいな。

……と思ったら全然ありました。
女性向け飲料という概念があって材料が全面には出てこない
缶チューハイとか栄養ドリンクによくありそう。

例えばこれはダサピンクですよね……
"イマドキ女性をちょっとシアワセにするデイリーカクテル" らしいし。

原材料
ヨーグルトリキュール、マンゴー果汁、糖類、酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、乳化剤、ベニバナ色素、(原材料の一部に乳成分を含む)

カクテルパートナー ディア・ピンク | アサヒビール
しかも人工甘味料入ってる!!


女性向けアピールしてる栄養ドリンクはだいたいダサピンクだ。
【女子トレンド】夏の疲れ対策に栄養ドリンク。女性向け商品が多数登場したわけ | 「マイナビウーマン」
ただこの記事だとそもそもマイナビウーマンがダサピンクなせいで
ドリンクのダサピンク感が薄いっていう奇跡が起きてる。

[添加物]
安息香酸Na、エチルバニリン、果糖、クエン酸クエン酸Na、グリセリンバニリンパラベンプロピレングリコール、香料、アセスルファムK、DL-アラニン、エリスリトール、スクラロース、没食子酸プロピル、DL-リンゴ酸

チョコラBBローヤル2 | 商品情報 | チョコラドットコム
はい〜。1本あたり7.3kcalだってマイナビウーマンの方に書いてありますね。



んで人工甘味料です。
人工甘味料問題がダサピンク問題と似てるのは、
お前らみたいなドリンク大好きデブはどうせ低カロリーのほうがいいんだろ?
っていう"おっさん"の影が見え隠れするのと、
そういう商品を避けようと思うと自分の選択肢がひどく狭まっちゃうことがある
ってところでしょうか。

ダサピンクと違うのは、人工甘味料にしてほしい(=低カロリーにしてほしい)っていうのは
実際に多くの消費者が望んでるのかもしれなくて、
私みたいな人工甘味料なしの選択肢を残してほしい人の方が遥かに少数派だ
っていうところと、
これは前の記事でも書いたんですけど、メーカー側としては人工甘味料にしたほうが
製造費が安く済むっていうメリットがあることですね。


女性向け飲料はダサピンクになりがちだし、人工甘味料が入りがちではあるものの、
どっちも当てはまってないものだってある。
世界のKitchenから シリーズとか。

世界のKitchenから|ソフトドリンク|商品情報|キリン

もう1つのコンセプトとは?
「女性という切り口です。市場にはたくさんの清涼飲料がありますが、男性をターゲットにした商品のほうが多く、実際に飲用者と飲用される量も男性のほうが多いのです。しかし、女性がおいしいと思え、もっと手にとれる商品があってもいい。女性の消費者心理から発想する。2つめのコンセプトです」

「世界のKitchenから」-ひと手間かけた手づくりの味を追い求める|飲食品でヒット商品をつくる|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

だからちゃんと考えてつくればダサピンクも思考停止カロリーオフも避けられるんだと思います。



以上です。
ここからは余談です。
女性向けの日本酒、っていうのがいま流行ってるけど
あれはどうなのか知りたい。

これが日本酒?!甘くてカワイイ女性向け日本酒12選! | NOMOOO(ノモー)
ブコメにはボロクソ書かれてるけど……

女性はアルコール度数が低くて甘くて微発泡の日本酒が好きってことになってるんですけど
実際はどうなんでしょうか。

私は炭酸飲料は大抵すきなので微発泡日本酒大歓迎なんですけど
「女性向け」じゃない日本酒を普段飲んでるからたまに飲むと嬉しいっていうことなので
女性全体の傾向としてどうなのかは気になります。
ググればアンケートとかあんのかな……