読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

券売機で購入出来ます。

券売機が好きな私が券売機の話とそれ以外の話をするブログです。

「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を私が書くとしたら

ぱんつ先輩に影響されました。
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を僕が書くとしたら - アレ待チろまねすく
ニュースの科学記事の書き方はどう考えても奇妙だし俺のほうが上手く書けるぜ!っていうムーブメントです。
私の専門は有機金属化学なので卵子とか全然わからないんですが、いちおう書いてみました。

元の記事はこちら。
卵子の染色体の特定の物質外れると流産に NHKニュース
記事が消えてたらぱんつさんの記事に全文引用されてるのでそっちを見てください。

発表元のプレスリリース
正常な胎盤及び胚の発育に必須の卵子 X 染色体の活動を維持する仕組みを解明:国立成育医療研究センター研(pdfです)

んで私が書いてみた記事です。

卵子の染色体の特定の「しるし」外れると流産に
哺乳類の卵子の染色体にある特定の「しるし」が、受精卵の正常な生育に必要であることを、国立成育医療研究センターの阿久津英憲部長らのグループが明らかにしました。
グループでは、女性の不妊症や原因不明の流産の解明につながる可能性があるとしています。


哺乳類の卵子には1本のX染色体があり、そこにX染色体を持つ精子が受精すると雌の、Y染色体を持つ精子が受精すると雄の受精卵となります。このとき、雌の受精卵では精子のX染色体だけが働かなくなることで正常に発生します。
研究グループはマウスの卵子のX染色体に含まれている「ヒストン」と呼ばれるタンパク質に、精子のX染色体にはない化学的な修飾、「しるし」があることを発見しました。この「しるし」を外すと卵子のX染色体も一緒に働かなくなり、受精卵が正常に育たないということです。
同じような仕組みはヒトにもあるということで、研究を行った阿久津部長は、流産を繰り返す原因となっている可能性もあるとして、研究を進めることで治療法や予防法につなげていきたいと話しています。(450字)

ニュース原稿だっていうことを考えると難しいですね……
元記事は「メチル基」が不思議な物質みたいな扱いになってますが、大事なのはメチル基じゃなくて、ヒストンに変なのがついてるっていうことなのでメチル基の話は省きました。

NHKニュースってどのくらいの知識の人を対象にしてるんでしょうか……?
卵子」とか「X染色体」は当然知ってるものと扱いつつ「メチル基」は不思議な物質扱いなのは
かなり不思議です。

おまけに、大学教養レベル(?)の生物の知識がある人向けだったらこんな感じかな、
っていうのも書きました。
染色体はヒストンにDNAが巻き付いた構造をしてることとか、「遺伝子発現」とかがわかってる人向けです。

受精卵で父親由来のX染色体のみが不活性化される機構を解明
受精卵に存在しているX染色体不活性化機構が父親由来のX染色体のみに働く仕組みを、国立成育医療研究センターの阿久津英憲部長らのグループが明らかにしました。
哺乳類の雌では、2本あるX染色体の片方を、Xist(イグジスト)という遺伝子が中心となって不活性化することで、雄との間で遺伝子の発現量を揃えています。
受精卵にはXistを活性化する因子が存在していて、精子由来のX染色体を不活性化しますが、この因子から卵子由来のX染色体を守る仕組みはわかっていませんでした。
研究グループは、卵子のX染色体に特異的に存在しているヒストン修飾が、Xistの発現を抑制していることをマウスによる実験で明らかにしました。
受精卵でこのヒストン修飾を解除すると卵子由来のX染色体も不活性化され、受精卵が正常に育たなくなったということです。
このグループでは、ゲノムレベルでの異常を伴わない後発性の発生異常の原因となっている可能性もあるとしています。(414字)

ど、どうでしょう……
普段はルテニウムのことを考えてるのでよくわかりません><



追記
ほんとうにムーブメントになってきました。
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を自分が書くとしたら薬作り職人のブログ
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事をプレスリリースだけをみて書いてみる。 - 趣味:科学
「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を私が書くとしたら - doubutsutokuronの日記

みなさんも書きましょう。