券売機で購入出来ます。

券売機が好きな私が券売機の話とそれ以外の話をするブログです。

尿意を抑える方法

要約

おしっこが漏れそうになったとき、怒ると尿意が収まる気がします。


なお、言いたいことは上記が全てなので、以下は読む必要ありません。

背景

最近おトイレが近くなりました。
特に冬って、寒いしすぐに漏らしそうになりますよね?

この間も旅行中に尿意を覚えて、あーこれは絶対に漏らす〜〜ってなったのですが
そのときにこの方法を瞬時に編み出し、尿意を抑えることによって事なきを得ました。

方法

とにかく怒る。殺意をむき出しにします。
顔が真っ赤になるまで怒ります。
特定の対象は必要ないですが、本気になることが重要です。
私の場合はベジータになってカカロットぉー! クソッタレー! と叫びます。

心の中で思うだけでもいいかもしれませんが、声に出したほうが効く気がします。
漏らすのに比べたら突然ベジータになるほうが絶対マシです。
そうじゃないなら漏らしましょう。

原理

尿意は副交感神経がアレしてアレするっぽいから、
交感神経をアレすれば止められるのでは? というところから思いつきました。
交感神経といえばfight or flightなので、fightの精神であるangerをgainすればnyouiをdepressできるのでは? という発想です。

ついでによく言われる尿意対策である「気をそらす」効果も相まって尿意を抑えることができると思われます。

おわりに

この話はすべて私の「そんな気がする」レベルの話ですので真に受けないでください。
でも、怒りが交感神経をうんぬんしてっていうのはなかなか説得力がある気がします。

自分で編み出したあと、こんなんすぐ思いつくやろ〜と思いググったのですが、
上位に出て来るサイトの中にはベジータになるべし的なアドバイスは見られませんでした。

まだ自分でしか試していないので、自分にしか効かない可能性は否定できません。
怒るだけなので道具もなにもいらないですし、気軽に試せますよね。

もちろん、尿意の我慢しすぎと怒りすぎはどっちも健康に悪そうなので、
本当に緊急の時だけにしましょう。

広告を非表示にする