読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

券売機で購入出来ます。

券売機が好きな私が券売機の話とそれ以外の話をするブログです。

Twitterの一部で大ブーム、アイドルついったらー『おぱんださん』とは誰か

おぱんださんとは

おぱんださんとは、Twitterにいる人である。(私)
しかしおぱんださんはただの人ではないようだ。少なくともアイドルらしい。
おぱんださんは今Twitter上ではキチョハナカンシャの次くらいに流行っているらしい。
そんなおぱんださんの謎を少し紐解いていきたい。

おぱんださんの誕生

おぱんださんはいつから存在しているのか。Twitter以外には存在していないのか。
実はおぱんださんの誕生はTwitter上ではない。
おぱんださんは2009年に開設されたブログ、ふらいぱんでブロガーとしてインターネット上に登場した。
それまでは別の名前別のブログをやっていたようである。
Wordpress.comは人生5つめのブログらしい。*1
Twitterデビューは2010年1月6日、おぱんださん20歳の誕生日の前日のようだ。

最初のツイートはちょーありがちだ。ういういしい。

ちんちんを切ったらしい

おぱんださんは生まれた時から19歳くらいまでは外向きは男の子だったらしい。
でも本当は自分が男の子扱いされるのがすごく嫌だったようだ。
このまま一生男の子なんて嫌だよぉぉ……っていうかわいい動機で性転換を決意、
2011年9月にタイでおちんちんを取る手術を受けたらしい。

2012年1月には戸籍の性別も変更したらしいぞ!

ちなみにおぱんださんがよく使う「セクシー」というのは「なう」の意味で、Twitterの一部で文化圏を形成しているようだ。

おぱんだフアンクラブ

おぱんださんには公式フアンクラブがある。
Twitterのリストという形で存在するこのファンクラブは会員数が2014年11月6日現在68名と、ただの大学院生のファンクラブとしてはかなりの規模を誇っている。
手術の前後にはファンクラブ限定イベントを開催するなど、様々な活動が行われており、おぱんだファンという共通点で知り合った人も多い。
おぱんださんのファンなら、入りたい意思をTwitterで@送るだけで入れるらしい。 まだ入っていない人は入ってみてはどうか。

オカピと券売機

おぱんださんはオカピと券売機が大好きらしい。
オカピというのはキリンの仲間の動物で、世界一かわいい哺乳類なのだ。 

世界一かわいい哺乳類はオカピだという事実が急速に浸透している - 券売機で購入出来ます。

券売機は乗り物に乗るときにきっぷを買うために使うあの券売機で、画一的なようで個性的なところが萌えポインツらしい。
おぱんださんのTwitterを見ると背景とアイコンがオカピ、ヘッダーが券売機になっている。相当好きなのだろう。
ちなみにこのオカピは横浜のズーラシアオカピ(日本にはズーラシア上野動物園と横浜の金沢動物園にしかオカピはいない)、券売機は馬橋駅だ。
おぱんださんは券売機を写真に撮って、券売機専門サイト「券売機はかわいい」にアップしている。

券売機はかわいい | Ticket Vending Machines Are Cute

将来は出版まで行きたいらしい。
オカピのほうは、将来の進路としてオカピ保護を真剣に検討していたほど愛しているようだ。

おわりに

謎に包まれたおぱんださんについて、その一部を理解することができただろうか。
ちんちんを取るという行動や、券売機が大好きなどといった趣味、自分のことをブログ記事にするような神経が多くの人の理解を得られないことが、謎に包まれる原因なのだろう。
しかしそんなおぱんださんにもかなりの人数のファンがおり、インターネット外でもファン宣言を受けることがたまにあることから、ただの頭のおかしい人というわけではなさそうだ。

性転換や券売機の詳しい話はまた別の機会に書いていきたい。

 

2014年11月6日 ちょっと書き換えました

*1:この記事はWordpress.comの記事をコピペしたものです